忍者ブログ

こんな風に日々の色々を考えてみる

緑地計画・造園学な研究者。欧州を中心に、世界のあちこちに出没。大衆的目線からいろいろ捉えてつづります。 メインHP → http://npom.ehoh.net/

Air China 羽田-ミュンヘン間 激安の陣

ドイツに来ています。いまはフライブルクで、このあと学会のためバーゼルに移動します!

日本からの移動は初めてのAir China(中国国際航空)。
なんと羽田~ミュンヘン往復で56160円。

じゃあ時間とか微妙なの?かというと、乗り継ぎ合わせてたったの15~16時間くらい。

4時間フライト(北京まで)+2時間待ち+9時間半くらいフライト(ミュンヘンまで)

です。中東のフライトも、行きと帰りを羽田と成田で使い分けるとこのくらいですが、そういうテクがよくわからないでどっちかに統一すると絶対7時間とか8時間待ちが入りますからね!
ということでAir Chinaに軍配です。

ミュンヘンに限らず、ドイツ便との接続がよいようで(それか安いのか)、羽田~北京の時点でドイツ語ばかり響いていました。


サービスもそこそこ。
機体は古めでシートピッチも狭いですが、この値段なら全然我慢できます。
しかもスターアライアンスだし…

ご飯は羽田~ミュンヘン間のやつよかったです。なぜか人形焼き付き。やっぱり日本で積み込まれる機内食はいいですね。


北京~ミュンヘンは、中国ならではのご飯で、わたしにはちょっと(気持ち的に)つらかったです… メディアに踊らされているからと思うのですが、食べ物に対する不信感が… というのと、あとは素直に深夜にこんなに出てきてもっていう感じでした。



↑夕飯(深夜ごはん)



↑朝ごはん(早朝ごはん)


中国のお客さんばかりだとうるさいかな…と思っていたものの、案外機内も皆さん静かで(寝てたから?)いびきや後ろの女の子が私の座席を殴りまくる以外は快適でした。
(中国人のお母さんと、いなかったけどドイツ人のお父さんなのか、すごくかわいかったです)


ミュンヘンに朝5時半についてしまうのが難点ですが、荷物が出てきてなんだかんだで7時くらいになりますし、あとは学会のパワポを中央駅のバーガーキングで作っていました。
2時間くらいで目途がついたので、その後はFC Bayernのファンショップにいったり、新しくできたのかなと思わしきおしゃれ服屋さんとか…

ついでに民族衣装ディアンドルもこっそり試着しました。
胸がないとサイズが合いません。


その後お昼過ぎにはFlixbus(Mein Fern Bus)でフライブルクへ。5時間。ほぼ満席。
鉄道だといったんシュトゥットガルトにいって乗り換えしたり、と遠回りになるのですが、高速バスはダイレクトです。ボーデン湖のまわりは渋滞して遅延しましたが…



途中、乗客を乗せるのでとまったボーデン湖ほとりの街で、てっきり休憩かと思って外に出そうになり、でもみんな出ないのでひっこんだら、少し乗客乗せたらすぐ出発しました。危ない!!

(ちなみに5年前くらい、諸事情でその近くのユーバーリンゲンに弾丸旅をしたことがあるのですが、まさかまた訪れるとは思いませんでした。今回ユーバーリンゲンを通ったその時は寝ていましたが)



そんなこんなで環境都市と名高いフライブルク。
たくさん本を借りたものの、論文準備やらその他の仕事で結局手をつけられませんでした。
また帰国したら復習したいと思います。

東京の日野市みたいに水路が景観の一部になっていました!
Bächeleというそうです!ベッヒェレ!(ネットのにわか知識)

フライブルクについてはまた別途… 自転車が多いです。ほんとに多いです。

あと、3週間前に旅行で行ったマヨルカ島についてもまた書きたいと思っています。
北京のトランジットで会ったフィンランドのおねえさんとのお話とかも。


Wiedersehen!

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ぽんしー
性別:
非公開

P R