忍者ブログ

こんな風に日々の色々を考えてみる

緑地計画・造園学な研究者。欧州を中心に、世界のあちこちに出没。大衆的目線からいろいろ捉えてつづります。 メインHP → http://npom.ehoh.net/

恥じらいを英語に直せるか

帰国しました!ポルトガルとドバイを満喫してきました。
ドバイはストップオーバーするべきだわ。これからみんなに薦めることにします。7時間とか空港で寝っ転がるより絶対いいです。ビバdesert safari!


本題ですが、


最近、先月日本に来てくれたミュンヘン大の人とよくメッセージを交換してるのですが、「そんなこと言われると恥ずかしいよー」「照れるよー」的なリアクションをしたいとき。
 
 
英語でぴったりの表現が見つかりません。
(お互いドイツ語or日本語だと時間がかかるので結局英語でやりとりしています)


ashamedも全然違うし(自分が愚行をおこした感じらしい)、embarrassedもなんだか違う(まわりを気にして当惑、困惑しちゃってる的なイメージらしい)。

なんでだよー!と思いましたが、ネットでググりまくっていたら、そもそも欧米では恥じらうことは未熟な証とか。確かに向こうの人々はいかに自信をもって毅然とふるまうかで勝負ですね。

訳せない、というのは文化の違いに起因するものだなぁと…
 
 
しかし日本人のわたしは照れるものは照れるのだけど、偽らなければいけないのか…
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ぽんしー
性別:
非公開

P R